過食嘔吐のツラサ

【過食嘔吐で過ごす20代】慣れること、習慣化すること

マカロンの連続

こんにちは。かるがもです。

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐(神経性過食症)を繰り返してきました。

”やめたくてもやめられない”

過食嘔吐の苦しさを嫌というほど、あじわいました。

過食嘔吐で苦しんでいる方に向けて、少しでもやめられるきっかけになれば、と思いこのブログを書いています。

 

今回の記事では、

”【過食嘔吐で過ごす20代】慣れること、習慣化すること

についてお話ししたいと思います。

 

過食嘔吐をかかえる20代の生活とは?

先日の記事で、過食嘔吐で過ごした10代の頃のわたしについて、お話ししました。

10代の女性
【過食嘔吐で過ごした10代】抑えられない食欲と家庭環境過食嘔吐歴20年のブログ管理人が、過食嘔吐で過ごした10代の頃に辛さを切々と語ります。...

わたしは10代から引き続き、20代になっても過食嘔吐がつづきました。

この記事では、そんなわたしの過食嘔吐で過ごした20代についてお話しします。

 

わたしは15歳から過食嘔吐がはじまったので、10代で過食嘔吐をかかえていた期間は5年です。

ですが、20代では丸10年間、ずっと過食嘔吐をかかえて過ごしたのです。

 

過食嘔吐に慣れるということ

コーヒーカップ20代の頃のわたしは、すでに過食嘔吐が依存化している状態でした。

 

吐くこと自体がストレス発散の唯一の手段となり、

嫌なこと、

辛いこと、

自分の中で処理できずもやもやしたこと、

があると、過食嘔吐に逃げていました。

 

過食嘔吐をする自分自身にもストレスを感じ、毎日のようにたくさん食べて、吐くことを繰り返していたのです。

 

それでも、ちゃんと会社には通います。

朝ごはんは食べずに、お昼ごはんは控えめ。

そして夜ごはんに1日の食欲をぶつけ、食欲のままに食べ尽くします。

そして、自宅のお風呂で吐く。

 

ですが20代にもなると、こんな生活に慣れてしまうのです。

 

職場の友人や大学時代の友人とも食事にもいきますし、恋愛もしていました。

彼・彼女らには過食嘔吐であることは知られたくないので、その人たちと一緒にいるときには、食べすぎることなんてしません。

とにかく控えめで、食べ方もできるだけ綺麗に。

食欲のたがが外れた姿は、見せないように努力をします。

 

口に手を入れて吐くと、手に”吐きだこ”ができやすくなるので、”吐きだこができないような吐き方”も覚えました。

 

胃に入ったものを、根こそぎ吐いてしまうと翌日の体調が、著しく悪くなることもわかっていたので、無理して食べたもの全部を吐き出すこともしません。

 

「過食嘔吐に慣れる」ということ、それは、

  • 過食嘔吐をかかえているということを、人に知られずに生活する
  • ある程度自分をコントロールしながらも、それでも過食嘔吐を繰り返す

ということでした。

 

過食嘔吐が習慣化するという恐怖

逆を言うと、

「人に知られたくない行為だと、自分でわかっているのに過食嘔吐を繰り返す」

そうまでしても、続けなくてはならないもの、

それが、「過食嘔吐」となっていたのです。

 

過食嘔吐の依存化から、過食嘔吐をかかえた生活に慣れていき、そして習慣化していきます。

 

ストレス発散でおこなっていたはずの過食嘔吐。

 

ストレスを感じていない、むしろ”いいこと”があった日にさえ、気づくと過食をしていることがあるのです。

 

「あれ?今日はとっても気分がよかったのに、なんで食べ過ぎちゃったんだろう?」

「なんで気づいたら吐いてるんだろう?」

 

過食嘔吐をする必要のない日、そんな日にも過食嘔吐をしてしまう。

これが、習慣化の恐怖。

 

無意識下でも過食嘔吐をおこなってしまうのです。

 

過食嘔吐をしない生活が想像できない

空っぽ過食嘔吐が依存化し、習慣化してしまった20代のわたしは、過食嘔吐が原因で、

  • お金がただただ食費に消えていく
  • 友達付き合いも浅くなりやすく
  • 恋人とも長続きしない

という状態におちいっていることを理解していました。

 

それなのに、「過食嘔吐をやめたい」と思いながらも、心のどこかで、

「やめたらストレス発散できるの…?」

「やめたらいまの生活ってどうなるの?」

と思っていたのだと思います。

過食嘔吐をすることによって、自分のバランスを保っていたのです。

 

過食嘔吐を続けていると、趣味や娯楽よりも何よりも食費にお金を使いますし、1日が食べることで頭がいっぱいになるため、自分のやりたいことや趣味にお金や時間を費やすことができなくなります。

 

つまり、過食嘔吐を続けていると、

やりたいこと、時間を忘れて没頭できる趣味を持たない空っぽの人間

ができあがるのです。

 

そして、そんな空っぽの自分を埋めたくて、

食べて、食べて、食べて

自分を埋めたくなる。

そして、埋まったら満足して吐き出す。

 

自分が本当に異常だと気づいたのは、20代も終わる頃でした。

 

そして、本当にこのまま過食嘔吐をやめられず、空っぽのまま迎える30代40代に、心の底から恐怖を覚えました。

 

自分自身に恐怖を覚えてからの30代、過食嘔吐の頻度を減らす努力をしました。

そして、ついに35歳のとある日が、過食嘔吐をおこなった最後の日となりました。

 

まとめ

過食嘔吐を20年かかえていた、わたしの20代についてお話しをしました。

 

依存化し、習慣化し、無意識でもおこなうようになってしまった”過食嘔吐”

自分の異常さに気づくのに、時間がかかり過ぎてしまいました。

 

過食嘔吐をかかえている、このブログを読んでいる方。

過食嘔吐は異常な行為です。

 

それを理解してください。

そして、1日でも早く過食嘔吐を完全にやめられるように、自分で意識をしてください。

 

「やめる!」と決めたからといって、簡単にやめられるものではないことは、わたしが1番よくわかっています。

 

でも、自分の異常さに気づくこと。

それが過食嘔吐を止める、第一歩だと思っています。

 

このブログが、過食嘔吐で苦しむ方にとって、少しでもやめるきっかけになるのなら幸いです。