過食嘔吐のツラサ

情緒不安定になりやすい…過食嘔吐をかかえる人の精神的な症状

悩み

こんにちは。かるがもです。

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐(神経性過食症)を繰り返してきました。

”やめたくてもやめられない”

過食嘔吐の苦しさを嫌というほど、あじわいました。

過食嘔吐で苦しんでいる方に向けて、少しでもやめられるきっかけになれば、と思いこのブログを書いています。

 

過食嘔吐の精神的な症状

過食嘔吐を続けていると、精神的にも身体的にも、よくない症状がでてきます。

今回の記事では、

”過食嘔吐をかかえる人の精神的な症状

について触れたいと思います。

 

※身体的な症状については、下記の記事で触れています。

身体
【過食嘔吐歴20年】過食嘔吐をかかえる人の身体的症状とは過食嘔吐を20年間くり返したブログ管理人が、過食嘔吐の身体的症状についてお話しします。...

 

過食嘔吐を続けていると、どんな精神的な症状が出てくるのか知っていただき、

「過食嘔吐をやめるきっかけにしていただけたら…」

と思っています。

 

もちろん過食嘔吐をもつ人が、すべて同じ症状なわけではありません。

わたしが20年間、過食嘔吐を続けてきた中で、過食嘔吐を克服してから気づくことができた精神的な症状です。

 

精神的症状①情緒不安定になる

泣く子ども過食嘔吐をもつ人にとって、1番あらわれやすい精神的な症状が、

情緒不安定

だと思います。わたしも過食嘔吐をしていた期間、ずっと情緒不安定でした。

 

ただ、もともと情緒不安定な人が、過食嘔吐になりやすいのではないか、とも思っています。

実際にわたしがそうでした。

 

わたしは、親の愛情を感じることなく育ったので、親の顔色をうかがいながら、些細なことですぐに不安になる子どもでした。

(もちろん過食嘔吐を克服し、大人になったいまでは、親にまったく愛情がなかったわけではなく、両親共にただ不器用だっただけ、ということがわかったので、自分の両親が悪いだなんて思っていません)

 

もともと不安を感じやすかったわたしは、思春期になる頃には、

  • 高校受験や将来への不安
  • 自分がまわりからどう見られているか

について漠然な不安を感じていました。

 

そして、

  • ひょんなことから、吐くとすっきりするということを知った
  • もっと痩せてスタイルがよくなりたい!と強く思うようになった

ことをきっかけに、中学3年生で過食嘔吐がはじまりました。

 

そして、つらくても過食嘔吐をやめることができずに、

「こんなこと続けて大丈夫かな」

「時間もお金すらも、ただ無駄にしている」

という焦りと不安が大きくなり、過食嘔吐がはじまる前よりも、さらに情緒が不安定になっていきました。

 

些細なことで落ち込み、嫌なことがあると過食に逃げ、嘔吐する。

そして、激しい後悔。

 

そんなことの繰り返しでした。友人付き合いも、恋人との付き合いも浅く、長く続くことはほとんどありませんでした。

 

仕事もそう、「自分はダメな人間だ」と思い、職場で頑張りきることができず、すぐに諦め、何度も転職を繰り返していました。

 

過食嘔吐をはじめる前よりも、もっと不安を感じやすくなり、自分を嫌いになり、情緒不安定が加速していったのです。

 

精神的症状②集中力がなくなる

勉強道具ひとたび過食嘔吐の闇に落ちると、日々の生活が「食べること」と「吐くこと」に意識を奪われます。

 

毎日のように過食嘔吐を繰り返していた時期には、

「今日は飲み会があるから、食べてすぐに吐くことができない、

だから、お昼ごはんやおやつは食べずに、飲み会から食べものを口にしよう」

というように、「吐くこと」を前提に1日が決まっていました。

 

そのため、

  • のんびり読書をする
  • 自分のために資格の勉強をする
  • ジムに通ってスタイルを維持する

という普通の生活、普通の行動へ集中ができなくなります。

 

カロリーの高そうなおいしそうなスイーツを見かけたら、食べたくなりすぐに買ってしまいます。

そして一口食べたら、その日はもう終わりです。

「こんなカロリーの高いものを食べたら、吐かないといけない」と強い焦燥感に駆られます。

 

ですが、吐くためには胃に入っている量が少ないので、

「さらに食べものを詰め込まなくては」

という思考に変わっていきます。

 

日々、食べること、吐くことへ意識が集中し、そのほかの物事に集中ができなくなってしまうのです。

 

精神的症状③過食嘔吐に依存化する

このブログで何度も触れていますが、過食嘔吐を続けていると、過食嘔吐への依存化が進んでいきます。

 

この依存化が、情緒不安定にも、食べること・吐くこと以外に集中力を回せなくなる原因にもなります。

 

わたしが過食嘔吐をはじめた頃は、

「食べ過ぎたときに、ちょっと吐ければいいや」

と思っており、実際に

”食べ過ぎたら吐く”

という行為にとどまっていました。

 

それがいつしか、逆転していくのです。

 

食べ過ぎたら吐くのではなく、吐くために食べるようになるのです。

 

おいしいものをたくさん食べることができる満足感。

食べ過ぎて、お腹が満腹以上になった状態で、吐き出すことの爽快感。

この両方の感覚を脳が”快楽”と感じ、この”快楽”を求めるようになるのです。

そして、唯一のストレス発散の行動となり、依存化していくのです。

 

この依存化が過食嘔吐の怖いところ。

依存化がはじまったら、簡単に過食嘔吐をやめることができなくなります。

わたしはこの”依存化”が、過食嘔吐が治すことのできない病気だと言われる原因だと思っています。

 

まとめ

  • 情緒が不安定で、自分は不幸な人間だと思い込む
  • 集中力が低下し、食べること・吐くこと以外への興味が薄れる
  • 依存化がはじまり、吐くために食べるようになる

 

過食嘔吐をもつ人の精神的な症状として、上記の3つを上げました。

中でも1番怖いのが、過食嘔吐へ依存すること。

 

いま過食嘔吐をもっている人、過食嘔吐で苦しんでいる人、

どうか過食嘔吐への依存化がはじまる前に、過食嘔吐をやめてほしい。

それが、わたしの”伝えたいこと”です。

 

このブログが、過食嘔吐で苦しむ方にとって、少しでもやめるきっかけになるのなら幸いです。