過食嘔吐をこえたアト

【過食嘔吐歴20年】過食嘔吐を克服したら結婚できた話

結婚

こんにちは。かるがもです。

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐(神経性過食症)を繰り返してきました。

”やめたくてもやめられない”

過食嘔吐の苦しさを嫌というほど、あじわいました。

過食嘔吐で苦しんでいる方に向けて、少しでもやめられるきっかけになれば、と思いこのブログを書いています。

 

今回の記事では、

”【過食嘔吐歴20年】過食嘔吐を克服したら結婚できた話

についてお話ししたいと思います。

 

過食嘔吐を克服したら人生が変わった

このブログではこれまで、過食嘔吐をかかえて生きるつらさや、過食嘔吐を克服法についてお話してきました。

今回は過食嘔吐を克服してから、「わたしの人生がどう変わったか」についてをお伝えしようと思います。

 

過食嘔吐を克服してから、わたしの人生は大きく変わりました。

もちろん”よい方向”に。

 

過食嘔吐を克服してよいことはたくさんありましたが、その中でもわたしの人生に起こった出来事として自分でも驚いたこと。

それが、

結婚した

ということでした。

 

過食嘔吐をかかえる人の恋愛

過食嘔吐をかかえるわたしの恋愛についてを、下記の記事にまとめていますが、

恋人
過食嘔吐の恋愛は長続きしない?恋人との付き合い方こんにちは。かるがもです。 このブログにお越しいただき、ありがとうございます。 私は、15歳から35歳までの20年間...

この記事に記載したとおり、過食嘔吐をかかえていると恋愛が長続きしません。

 

「食べること・吐くこと」を中心に1日が過ぎていくわたしにとって、ときに恋人は重荷にすら感じます。

 

自分が過食嘔吐であることを知られたくないため、恋人の前では食欲を抑えます。

ですが、もっと食べて吐き出したい欲求に勝てず、恋人と夜を過ごさずに自宅に帰り、過食嘔吐をしてしまうのです。

 

過食嘔吐をかかえている自分に自身がもてないため、恋人を試すように別れをすぐに切り出したりもします。

 

そんな人間の恋愛が長続きするわけはないですよね。

 

そのため、過食嘔吐をかかえたわたしは、過食嘔吐を克服する35歳まで、恋人と長く付き合うことができませんでした。

 

そんなわたしは、

「もう結婚はしないのかもしれないなぁ」

と漠然と思っていました。

 

過食嘔吐でしかストレス発散できないわたしにとって、過食嘔吐をかかえながら妊娠したり、子育てすることのイメージができなかったし、もし本当にそうなったら?と考える恐怖でした。

 

自分の人生をめちゃくちゃにしたわたしが、誰かを幸せにできることはもちろん、ましてや親になることなんて考えることができなかったのです。

 

過食嘔吐を克服したら結婚できた話

結婚そんな不器用で、恋愛の長続きしなかったわたしが、35歳で過食嘔吐を克服したとたん、37歳で結婚することができたのです。

 

過食嘔吐を克服して2年。

なにがあったのか?

 

過食嘔吐を克服するために効果のあったことが2つあります。

ホットヨガをはじめたこと”と、”食品添加物を排除したこと”があります。

花
【過食嘔吐を克服しました】やめるために1番効果的だったこと過食嘔吐歴20年のブログ管理人のわたしが、過食嘔吐を克服するまでにおこなってきたことの中で、1番効果的だったものについてお話ししたいと思います。...
食事
【過食嘔吐を克服する方法】食品添加物を避けるということ過食嘔吐歴20年のブログ管理人が、食品添加物を避けることが過食嘔吐を克服する手段の一つになった経験談をお話しします。...

 

ホットヨガが中心となった生活で、食品添加物を避けて健康的な食事をするようになったわたしは、姿勢もよく、年齢のわりに肌もツヤツヤで、健康的になっていたのです。

 

そんな自分にだんだんと自信を持つことができるようになり、無駄にした20年間を取り戻すように、積極的に旅行にいったり、友人に会いに行ったりするようになりました。

 

そして、諦めていた結婚にも興味を持ち、友人の紹介を受けたり、婚活パーティに参加もしてみたり、恋愛にも積極的に行動するようになったのです。

 

そんな中で出会った、一人の男性と、とんとん拍子に話が進み、交際3ヶ月で結婚することとなったのです。

 

過食嘔吐を克服した後の世界。

そこには、あれほど望んでいた「普通の生活」がありました。

 

普通に家族と夜ご飯を食べて、普通にお風呂に入り、普通に眠りにつく。

過食嘔吐をかかえていたわたしには、そんな普通の生活ができませんでした。

 

朝から食事をとらずに、夜まで我慢して、夜ご飯に食欲を爆発させ暴食をし、お風呂で吐き出し、自責の念をかかえて眠る。

いま振り返ってその頃の自分を思うと、本当に情けないし、本当に悲しい人生を送ってきてしまったと後悔しかありません。

 

それでも、いまこの時点で過食嘔吐を克服できていることに、心の底からよかったと思っています。

 

結婚生活は大変です。甘いだけの生活ではありません。

意見の合わない夫とはケンカもたくさんします。

もう別れてやる!と衝動的に思う時もあります。

もしかしてこの先、離婚してしまうこともあるかもしれません。

でも、それでもやっぱり、結婚できてよかったと思います。

 

まとめ

食べることと吐くことに1日を支配されて過ごす毎日。

そんな毎日を重ねていっても、何も残りません。

 

過食嘔吐をやめたら、わたしの人生は180度変わりました。

 

いま過食嘔吐をかかえて苦しんでいる方。

やめたいと思っている、”いま”が過食嘔吐をやめるチャンスです。

 

このブログを読んでくださっている過食嘔吐に苦しんでいる方にとって、少しでも過食嘔吐をやめるきっかけになるのであれば幸いです。