過食嘔吐のツラサ

【過食嘔吐を克服して】過食嘔吐とわたし

startin over

はじめまして。

このブログの運営者のかるがもと申します。

 

私は15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐を繰り返してきました。

現在、40歳。

最後に過食嘔吐をした日から、5年経ちました。

 

現代病である過食嘔吐

きっかけは、本当に些細な出来事と、思春期ならではの悩みでした。

 

食べたものを、口に手を突っ込んで吐き出す。

自分の意思でおこなっていた行為だったので、いつでもやめることができると思っていました。

 

ですが、気がついた頃には、もう自分の意思で止めることのできない、過食嘔吐への重度の依存状態になるまで、症状は悪化していました。

 

「もうやめたい…」と強い意志を持って、過食嘔吐をやめようとしますが、ストレスがたまるとすぐに食べ過ぎてしまう。

そして、吐いてしまう。

 

1週間と吐かない日が続いたことはありませんでした。

そして、それは20年間続きました。

 

私は10代からの、若々しくて華やかな青春時代を、過食嘔吐という暗い病気と付き合ってきたのです。

 

30代を半ばにして、本気でこの病気をなんとかしたいと思い、たくさんのことを試みました。

 

そして、ようやく、最後に過食嘔吐をした日から、5年以上もの月日を経過することができたのです。

 

また、いつか復活してしまうかもしれない…という不安はありますが、それよりも、

「もう、あの日々には決して戻りたくない」

という思いが強いため、過食嘔吐に戻ることはないと思います。

 

20年、本当に長かったです。そして、本当に辛かった。

 

あんなに苦しかった過食嘔吐を克服し、あんなにも取り戻したいと願った普通の生活を、ようやく取り戻すことができたのです。

 

人生を蝕む”過食嘔吐”。

そんな過食嘔吐に苦しむ人を、一人でも救いたくてこのブログを始めることにしました。

 

私が過食嘔吐になったきっかけや、

過食嘔吐で苦しんできたこと、

過食嘔吐を克服するためにおこなってきたこと、

過食嘔吐を克服して本当によかったと思うこと、

 

そんなことを、このブログに書いていきたいと思います。

 

過食嘔吐で苦しむ方、

過食嘔吐をやめたいけどやめられない方、

過食嘔吐とうまく付き合ってるつもりだけど、このままでいいのかな?と不安に思っている方、

にとっての、過食嘔吐をやめられる小さなきっかけになれば幸いです。