過食嘔吐をナオス

【過食嘔吐と便秘の関係】過食嘔吐をやめると便秘になる?

排便

こんにちは。かるがもです。

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐(神経性過食症)を繰り返してきました。

”やめたくてもやめられない”

過食嘔吐の苦しさを嫌というほどあじわいました。

過食嘔吐で苦しんでいる方に向けて、少しでもやめられるきっかけになれば、と思いこのブログを書いています。

 

今回のテーマは、

過食嘔吐と便秘の関係

過食嘔吐をやめたら便秘になってしまった…という方へ。

この記事では、過食嘔吐と便秘の関係についてお話したいと思います。

過食嘔吐をやめると便秘になる?

トイレットペーパーやめたくてもやめられない過食嘔吐。

「過食嘔吐を絶対やめる!」と強く決心しても、日々の生活のストレスに負けて、結局、過食嘔吐に舞い戻ってしまう…という経験は、過食嘔吐をかかえる人なら誰でもあるはず。

 

「何にストレスを感じるか」は、人それぞれだと思いますが、そのストレスの原因のひとつに、

過食嘔吐をやめると便秘になる

という理由があったりしないでしょうか?

 

実はわたしがそうでした。

わたしが過食嘔吐をかかえていた期間は、お通じがまぁまぁよい、というか便秘で悩むことがなかったのです。

ですが、過食嘔吐をやめようとして、過食嘔吐をしない日を続けると便秘になってしまうのです。

食べたものを「吐く行為」や「排便」によって、爽快感を得ていたわたしは、

過食嘔吐をやめてしまうと、

  • 食べたものを吐き出すことができない…
  • 便秘で食べたものが排出できない…

というストレスから、「このまま太ってしまうかもしれない…」と強い不安を感じ、過食嘔吐に戻ってしまうことがよくありました。

過食嘔吐をやめると便秘になる原因

過食嘔吐を抱えていたわたしは、毎日に余裕がなく、小さなことで落ち込み、太ることへの異常な恐怖感がありました。

そのため、

過食嘔吐をやめる便秘になる太る

と思考を直結させてしまったのです。

 

でも、過食嘔吐を克服したいま、「そんなわけない」というのがよくわかります。

便秘になる理由は簡単

過食嘔吐をやめたら便秘になる理由は簡単なのです。

過食嘔吐を繰り返してきたため、体が過食嘔吐に順応しているだけ。

 

わたしの場合で説明します。

わたしの過食嘔吐は、お腹がいっぱいになっても限界を超えて食べ続けるというものでした。

そして、「もうこれ以上食べられない!」というタイミングで吐き出していたのですが、食べたものをぜんぶ吐き出せるわけではありませんでした。

 

もちろん、完全に胃が空っぽになるまで吐くこともできるのですが、そこまで吐いてしまうと、体へのダメージがひどく、次の日がほぼ1日使いものにならくなってしまうため、

ここまで吐けばすっきりできるし、翌日への影響も少ない

という、自分にとってちょうどよい吐き加減で、とどめていたのです。

 

そうすると、もちろん胃の中には残った食べものがあります。

その量は、おそらく1日に必要なカロリー分ぐらい。(吐いたものを見ることでわかります…)

つまり、普通の量の食べものを消化しているのです。

 

ですが、過食嘔吐をやめている期間、わたしは人間の体に必要な1日のカロリーには決して届かない量の食事しかとっていませんでした。

「吐くのをやめたから、食べてはいけない!」

という固定観念から、ほとんどごはんを食べなくなってしまったのです。

食卓これはわたしの経験をとおしての考えなのですが、体の中で次のようなことが起こっているのだと思います。

【過食嘔吐が続いている期間】

次から次へと食べものが胃の中に入ってくる

   ↓

消化機能がフル稼働

   ↓

吐いて出てしまうけど、消化できる量も普通にあるから排便も快調

【過食嘔吐をやめている期間】

食べものがほとんど胃に入ってこない

   ↓

消化活動が低下

   ↓

代謝が下がり便秘になる

身体が自然と食生活に合わせて、消化活動を活発にしたり、おさえたりすることによって、バランスをとっているのでしょうね。

過食嘔吐をやめると便秘になってしまう原因は、

食のサイクルが変わることによって起こる体の自然な反応

なのです。

計画的な食生活を

たくさんの食べもの過食嘔吐をやめようとして、一気に食べる量を減らしてしまうと、体がびっくりして思わぬ弊害がでてしまいます。

 

過食嘔吐をやめると決めたら、食べる量を減らすことはもちろん大切ですが、計画的な食生活をしっかりと考える必要があります。

 

そうすることによって、不自然な便秘で太る恐怖感やストレスを感じることなく、過食嘔吐に戻ってしまうリスクも減らすことができます。

 

わたしはもともと、過食嘔吐になる前から便秘がちなタイプでした。3〜4日に1回しかでないくらい。(そのころは、健康とかはあまり意識せず、お菓子やお肉を中心にした食生活でした)

過食嘔吐をしていた時期は、2日に1回は出ていました。

ですが、過食嘔吐を克服して食生活が安定してからは、ほぼ毎日でるようになりました。

過食嘔吐を克服するために、適度な運動や、正しい食生活を送るようになったからです。

 

わたしが過食嘔吐を克服するにいたった詳細については、下記の記事にまとめています。

花
【過食嘔吐を克服しました】やめるために1番効果的だったこと過食嘔吐歴20年のブログ管理人のわたしが、過食嘔吐を克服するまでにおこなってきたことの中で、1番効果的だったものについてお話ししたいと思います。...
食事
【過食嘔吐を克服する方法】食品添加物を避けるということ過食嘔吐歴20年のブログ管理人が、食品添加物を避けることが過食嘔吐を克服する手段の一つになった経験談をお話しします。...

体って本当に不思議ですよね。正しい生活に変わったら、体にもちゃんと正しいリズムが戻ってくるのです。

まとめ

体のことなので、誰にでもあてはまる内容ではないと思いますが、

過食嘔吐をやめたら便秘になってしまった…

と悩んでいる方がいたら、それは食べる量を突然減らしすぎたために起こったことで、正しい食生活に変えて、その生活を続けることができたら、きちんと改善されるんだ、ということを知ってもらいたいです。

過食嘔吐を繰り返していると、マイナス思考に拍車がかかり、ちょっとしたことで不安になってしまいますよね。
そんな不安を少しでも減らして、過食嘔吐を完全に克服するための一歩となるように、このブログを書かせていただきました。