過食嘔吐をナオス

【過食嘔吐歴20年】過食嘔吐の原因から克服法を考える

考える犬

こんにちは。かるがもです。

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、15歳から35歳までの20年間、過食嘔吐(神経性過食症)を繰り返してきました。

”やめたくてもやめられない”

過食嘔吐の苦しさを嫌というほど、あじわいました。

過食嘔吐で苦しんでいる方に向けて、少しでもやめられるきっかけになれば、と思いこのブログを書いています。

 

今回の記事では、

”過食嘔吐歴20年のわたしが過食嘔吐の原因から克服法を考える

というテーマでお話ししたいと思います。

 

過食嘔吐になった原因から克服法を考える

家族に過食嘔吐をかかえている人がいる。

友人が過食嘔吐をかかえている。

恋人が過食嘔吐をかかえている。

 

自分の大切な人が過食嘔吐をかかえていたら、

「過食嘔吐を克服する手助けをしてあげたい」

と思うのは自然な心理ですよね。

 

ですが過食嘔吐は複雑な病です。

 

わたしは家族や知人に、過食嘔吐についての相談をしたことがありません。

でも相談できたら、もっと頼っていれば、20年も過食嘔吐が続くことはなかったのだと思います。

 

そこで今回の記事では、

自分の大切な人が過食嘔吐をかかえているという方

に向けて、わたしが過食嘔吐になった原因と、その原因からアプローチできる過食嘔吐の克服法をお伝えしたいと思います。

 

過食嘔吐の原因(要因)を考える

わたしは、過食嘔吐になってしまう要因として、

  • 内面的な要因
  • 外部的な要因

があると思います。

それぞれについて説明します。

 

内面的な要因

性格内面的な要因とは、過食嘔吐をかかえている本人の考え方や性格などです。

この内面的な要因は、おもに2つあると思います。それが、

  • 太りたくないという強い思い
  • 精神的に不安定であること

です。

 

太りたくないという強い思い

わたしが1番最初に過食嘔吐をおこなったとき。

それは、「とにかく太りたくない!」という強い思いがあったからでした。

太りたくないし、でもおいしいものも食べたい。

じゃあ、「食べたら吐いちゃえばいいのか」という思考回路になったのです。

 

「太りたくない、スタイルよくなりたい」

若かったわたしは趣味や得意なことがなく、自分に自信がなかったので、見た目を磨くことしかできなかったのです。

 

神経性の過食症を持っている人であれば、ほとんどの人がわたしのような傾向を持っていると思います。

 

そうであれば、スタイルをよくすることよりも、趣味や得意なことを見つけて、自分に自信を持たせてあげることが効果的なのではないかと思います。

 

精神的に不安定

わたしは子どもの頃から、精神的に不安定な子どもでした。

父親が暴力をふるうタイプだったので、父親が怖くて甘えることができず、愛情に飢えていたのかもしれません。

 

子どもの頃から、家が絶対的に安心できる場所ではなかったわたしは、常に不安を感じていました。

太りたくないという思いと、精神的に不安定な要素が絡み合って、過食嘔吐になってしまったのだと思います。

 

過食嘔吐になる人は、おそらく精神的に不安定な人が多いのではないでしょうか。

満たされない思いを、食べものを詰め込むことで、何かが満たされた気持ちになってしまう。

そして満腹を超えて食べたものを吐くことで、ストレスや不安を吐き出しているのです。

 

これは、過食嘔吐をかかえる本人が、誰かにちゃんと愛されていることを実感しないと解決しない問題です。

ですが、まずは過食嘔吐を本気でやめて欲しいということをちゃんと伝えてあげること、本気で心配をしていること、を伝えてあげることが大事だと思います。

 

外部的な要因

外部的な要因とは、本人以外の食事に関する環境のことです。

わたしは外部的な要因も2つあると思います。

  • いつでも気軽に食べものが手に入ること
  • 食品添加物で味付けされた食べものを食べること

です。

いつでも気軽に食べものが手に入る

ファーストフードコンビニ、ファーストフード。

現代の日本では、安くておいしい食べものを24時間いつでも手に入れることができます。

つまりお腹が空いていなくても、”つい食べてしまう”状況が起きやすいのです。

 

販売する側は、たくさん食品を売って利益をあげたい。

だから、おいしそうなチキンのポスターを貼り出し食欲をそそり、気軽に買える環境を作り出し、素早く食品を提供します。

「おいしそう!」と思った消費者は誘惑に負けて、大してお腹も空いていないのに買ってしまいます。

 

この環境こそが、現代病である過食嘔吐を生み出す原因だとわたしは思っています。

 

この環境を変えることは難しいですが、気軽に食べれる環境をつくらせないことも大事です。

例えば、

  • 食べものを買うお金を持たせないようにする
  • 家に食べもののストックを置かない

など。

 

食品添加物で味付けされた食べもの

気軽に安く購入できる食品には、「食品添加物」が使用されているのをご存知ですか?

食品添加物は食べものの賞味期限を延ばしたり、キレイな色に着色したり、誰もがおいしいと思う味をつくりだすことができます。

 

この”誰もがおいしいと思う味”が曲者です。

これは人工的につくりだされた”うま味成分”のことです。

※食品のパッケージの原材料欄には「調味料(アミノ酸等)」と記載されています

 

この味の虜になってしまった人は、食べることがやめられず、満腹なのに「もっと食べたい」という衝動を抑えられなくなってしまいやすいのです。

少しだけ食べようと思ったお菓子を、気付いたら一袋全部食べていた

という経験は誰しもがあるはずです。

 

ですがわたしは、食品添加物にまみれた食品を避けることによって、過食嘔吐を克服できたのです。

詳細については下記の記事にまとめています。

食事
【過食嘔吐を克服する方法】食品添加物を避けるということ過食嘔吐歴20年のブログ管理人が、食品添加物を避けることが過食嘔吐を克服する手段の一つになった経験談をお話しします。...

 

過食嘔吐を克服する手段として、

食品添加物を食生活から排除する

ことは、効果的な克服法のひとつだと、わたしは思います。

 

まとめ

過食嘔吐の原因からみる克服法について考察してきました。

内面的な要因にアプローチするのは、専門のカウンセラーの力を借りないと、少し難しいかもしれません。

ですが、外部的な要因を減らすことは、試してみる価値はあると思います。

 

実際にわたしは、外部的な要因としての食品添加物を避けるようになったら、過食嘔吐を克服することができました。

 

内面的な要素については、ホットヨガを始めたことで、姿勢がよくなって太りにくい体質となり、自分に自信を持つことができたことが、克服に大きく関係していると思います。

これについては下記の記事に詳細を記載しています。

花
【過食嘔吐を克服しました】やめるために1番効果的だったこと過食嘔吐歴20年のブログ管理人のわたしが、過食嘔吐を克服するまでにおこなってきたことの中で、1番効果的だったものについてお話ししたいと思います。...

 

過食嘔吐をかかえている人は、簡単に人に相談することができません。

相談してくれたということは、あなたのことをとても信頼しているということです。

ぜひ力になってあげてください。